人気の株主優待

weblovelog

ウェブ業界人のためのウェブ情報サイト。

アフィリエイト、奥が深いよキーワード選定!

      2016/01/06

どうもアフィリエイト奮闘中のKOBAです。
アフィリエイトではこのキーワード選定が非常に大切ですよってことを叩き込まれます。
キーワード=ユーザーのニーズだから。
そう、そのニーズを掴まないとニーズに合った商品を紹介することなんてできないってわけですね!
if(keyword==user_knees)
{
echo “稼ぐためにはここがもっとも大切”;
}
とまぁPHPでいうとこんな感じになりそうですね!
しかし、この「キーワード」、本当に大切らしく、ここができてないと稼げませんとハッキリと言われましたww

キーワードが教えてくれるみんなのニーズ

顔が見えない方たちを相手にします。考えてみればウェブって全般的にそうですよね。
しかし、顔が見えないからと言っていい加減な記事を書いていたのでは駄目だなと非常に痛感しました。
同時に、自分の好きなものの情報だけを乱雑に書いていくことも、情報を探す人たちのことを考えるとこれもダメだなと。

googleやyahooのあの検索窓・・あそこに入力されるキーワードにはみんなの想いが詰まっているってことです。

そして、その検索窓は全世界につながる魔法の窓です。
50億人くらいとつながれるチャンスがあるわけですね!

奥が深すぎるよ・・。

キーワードを取得するためのツール

Google keyword planner
「adwords keyword 調べ方」でググるとたくさんの情報が出てきます。

僕が最近調べた際に、どんなキーワードを入れたのか・・
自分の検索ワードを参考にしてみるのもいいかと思います。
どんなワードを入れていますか?

僕は最近携帯をSIMフリーにしようと思って、格安SIMについて調べました。
「SIM フリー 金額」「SIM ランキング」「SIMフリー 申し込み」「SIMフリー クチコミ」など結構色々なキーワードで調べた気がしますね。
いや、全然良いサイトがなかったんです。僕が探すの下手だったのかもしれませんが。

僕にとってはSIMについては何も情報がない未知な領域でした。
様々な検索ワードを想定しておくのがいいのかもしれないですね。

 - アフィリエイト , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事