人気の株主優待

weblovelog

ウェブ業界人のためのウェブ情報サイト。

【目指せ!初級ウェブ解析士】毎日コツコツ③ ウェブ解析とは何か

   

ウェブ解析は企業における会計のようなもの

企業 = 利益を測るために会計を行う。

ウェブ解析士 = 事業の成果を上げるためにウェブ解析を行う

ウェブ解析で利用するデータの種類

アクセス解析のデータはウェブ解析において中心的な役割を果たすもの。

しかし、

ウェブ解析=アクセス解析ではない!

ウェブ解析はアクセス解析にとどまらず、以下のデータも活用範囲に含めます。

  • ユーザビリティテストの結果
  • 視聴率調査やキーワード分析の結果
  • ユーザアンケートの結果
  • ウェブマーケティング用のツールやデータ(キーワードツールなど)

場合によっては以下のようなデータも活用します。

  • 企業の売上高やコスト推移
  • 各部署のコストや販促データ
  • 人工統計やマーケットデータなどの統計データ

ウェブ解析は事業の目的を達成するためにあらゆるデータを活用します。ただし、製造やロジスティックに関わるデータを取り扱うことは、極めてまれです。

ウェブ解析では「顧客の行動を中心に取り扱う」ということを覚えておきましょう。

データに基づく力を正しく使う

集計結果だけでなく、なるべくコメントをつけるようにすること。

コメントをつけることにより…

  • 関係者の理解度が高まる
  • ウェブ解析士としてのスキルアップに役立つ

【報告時の注意点】

報告するレポートを作成する際には、「仮説検証」、「原因分析」、「対策立案」をデータに基づき、しっかりと記載しておくこと!

a: 仮説検証

b: 原因分析

c: 対策立案

例)

a: このようにアクセスが増えたのは先月の○○という仮説のとおり、

b: △△が原因と考えられます。

c: 従って次は□□ を実施してみましょう。

 

 

 - ウェブ解析士

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事