人気の株主優待

weblovelog

ウェブ業界人のためのウェブ情報サイト。

YouTubeでの適切な解像度、サイズは?

   

YouTubeでの解像度

YouTube ではアスペクト比が 16 : 9 のプレーヤーを使用

16:9 以外のファイルをアップロードした場合、同様に正常に処理、表示されるが、プレーヤーで上下または左右に黒い帯が追加される

プレーヤーにぴったり収めるには、以下の解像度でエンコードする必要がある

  • 2160p: 3840×2160
  • 1440p: 2560×1440
  • 1080p: 1920×1080
  • 720p: 1280×720
  • 480p: 854×480
  • 360p: 640×360
  • 240p: 426×240

YouTube プレーヤーでは、必要に応じて自動的に画面の上下または左右に黒い帯を追加し、動画とプレーヤーのサイズが異なっても映像の一部が欠けたり縦や横に引き伸ばされたりしないようになっている

[ アスペクト比とスクリーン表示例 ]

  • 新しい 16:9 ワイドスクリーン サイズのプレーヤーで 4:3 の動画を再生すると、画面の左右に垂直方向の黒い帯が自動的に追加される
  • 逆に、他のウェブサイトに埋め込まれた 4:3 サイズのプレーヤーで 16:9 の動画を再生すると、画面の上下に水平方向の黒い帯が追加される
  • 同様に、シネマスコープ サイズ(2.35:1)の動画の場合、プレーヤーのサイズが 16:9 であっても 4:3 であっても上下に黒い帯が追加される

このように帯が自動的に追加されるためには、動画の元のアスペクト比が維持されている必要がある

※ アップロード後に動画がプレーヤーに収まるように調整するには、形式タグを使用することもできる

※アップロード前に 16:9 の動画を 4:3 にするために上下に余白を追加した場合(レターボックス化)、その動画をワイドスクリーン プレーヤーで再生すると左右にも帯が追加されるため、画面の上下左右がすべて黒い帯で囲まれてしまう

これをウィンドウボックスといい、非常に見づらくなってしまう

参考:YouTube ヘルプ  >>
YouTubeヘルプで、上記を画像入りで詳しく説明されている

 - YouTube, 動画作成

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事