人気の株主優待

weblovelog

ウェブ業界人のためのウェブ情報サイト。

『Theme Test Drive』公開中WordPressの背後でテーマをテストできちゃう!

   

STINGER5が正式公開されてました。いつ?…さぁ(笑)ごめんなさい。若輩者です。

基本的なレイアウトの考え方はSTINGER3を引き継いだHTML5でレスポンシブだそうです。

いままでお世話になっていたSTINGER3。

カスタマイズしたいなぁー…と思いつつ、なかなかカスタマイズできなかったので、これは良い機会だ!!

と思ったのですが、悩むのがテスト環境。

これは私的なサイト(クライアントワークじゃない)なので、どーでもいいやんっ(ツッコミ)と言われてしまえばそれまでなのですが、テーマを変えた途端ガッタガタになったら嫌だな…と。
でも、めんどくさいことすんのも(ローカルにテスト環境作り直すとか)嫌だな…と。

あぁ、でもローカルにテスト環境作るしかないか…

ないよね…

そうだよね…

 

とあきらめかけたその時!

ありました!プラグイン様!!!Theme Test Drive

使ってみたけど、結構良い感じっ!なのでご紹介します。

2

Theme Test Drive

Theme Test Drive を使うと、通常やってくる読者には今のテーマを表示し、ブログにログインしている管理者や設定した権限のユーザーだけにテスト中の別テーマを表示するプラグインです。

 

①まずはインストールして有効化

ダッシュボード > プラグイン > 新規追加

プラグインのインストール画面の検索に「Theme Test Drive」を入力し検索!

インストールが終わったら有効化

 

②設定

ダッシュボード > 外観 > Theme Test Drive

すると、こんな画面が現れます。

theme

ユーザーレベル設定の補足

10 (管理者のみ)Administrator

7 (編集者) Editor

4 (投稿者) Author

1 (寄稿者) Contributor

 

Enable Theme Drive をクリックし、プラグインをオンにしてから編集画面にいくと、ちゃんと「stinger5」の編集画面になってました。

スクリーンショット(2014-10-09 15.32.07)

さらに表示画面にいくと、Stinger5 が適応!!

3

なんか文字がすっきりしてましたよ!Stinger5 のデザイン好きかも☆

でも想像していたとおり、直さないといけない部分がいくつかありました!

「Theme Test Drive」を使って、こそこそゆっくり直していきます。

なので、しばらく見た目はStinger3のままです。

 

 

 - Stinger, WordPress, プラグイン, レスポンシブウェブデザイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事