人気の株主優待

weblovelog

ウェブ業界人のためのウェブ情報サイト。

乱数について【C言語を学ぼう】

      2015/06/08

乱数

乱数 → コンピューターにランダムな数値を選択させる

使用する3つの関数

  • rand → 乱数を取得する
  • srand → 乱数の基準値を決定する *プログラム実行時に一度だけ!
  • time → 現在のUnixタイムスタンプを取得する  *1970年1月1日からの経過秒数

乱数取得の手順

乱数を取得したい 例)rand();

しかし…コンピューターは基準を決めてあげないと、毎回同じパターンの数値を出力する。

乱数の基準値(乱数のタネ)を決めてあげる。 例)srand(200);

乱数の基準値から、乱数取得に成功。

しかし…今度はその基準値から、毎回同じパターンの数値を出力してしまう。

そこで、乱数の基準値をUnixタイムスタンプに設定。

 乱数取得に必要なコードをまとめると…

思い通りの乱数を得るヒント

0から9までの乱数を得る

1から10までの乱数を得る

 - C言語, その他, プログラミング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事