人気の株主優待

weblovelog

ウェブ業界人のためのウェブ情報サイト。

【目指せ!初級ウェブ解析士】毎日コツコツ④ ウェブ解析が解決するべき範囲は何か?

   

ウェブ解析の範囲

ウェブ解析士はウェブの改善にとどまらず、事業の成果を上げる為に聖域を設けず、分析範囲を定める。

ウェブ解析の目的は「顧客もしくは自社の事業に成果をもたらすこと」

● ウェブサイトの目的

× ウェブサイトを改善すること
× ウェブマーケティングで集客を増やすこと
 事業で成果をもたらすこと

 

● ウェブ業界の抱える課題

企業は最近

「ウェブは先進的でかっこいいが、成果が曖昧で、売上にも利益にも貢献しない。」

と考えている。

企業が投資に対して期待する成果と、ウェブ業界が与えられる成果にズレが生じている。これが最大の問題である。

ウェブ解析士の最大の役割は、このズレを埋めることです。

 

● ウェブ解析士の役割についての誤り

× ウェブ解析は、レポートを詳しく、わかりやすく作ることが目的である。
× ウェブ解析は、ウェブサイトやSEO、ネット広告の改善をすることが役割だ。

 ウェブ解析で得られるデータは→
顧客の声である

● ウェブ解析で解析することは→
顧客行動の解析である

顧客とは?

  • 購入した人
  • ウェブサイトを訪れた人
  • 店舗を訪れた人
  • 電話をかけてきた人

● ウェブ解析のミッションは
顧客行動から組織の行動を生み出すこと

● ウェブ解析の成果とは
顧客行動から事業に成果を与える行動を生み出すこと

● ウェブ解析の役割は
顧客満足度から組織を変えること

ウェブ解析士の守秘義務

  • 顧客情報
  • 公開方針
  • ウェブ解析士は依頼者と秘密保持契約書を交わすこと
  • 上級ウェブ解析士は受託前にライセンスカードを提示する
  • ウェブ解析士は受託したデータの取り扱いを明示してください
  • ウェブ解析の情報は、依頼者の顧客に関する機密情報である

 

 - ウェブ解析士

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事