人気の株主優待

weblovelog

ウェブ業界人のためのウェブ情報サイト。

<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=edge,chrome=1″>がValidationエラーになる

   

A meta element with an http-equiv attribute whose value is X-UA-Compatible must have a content attribute with the value IE=edge.

validationでこんなエラーが現れました。

結論から言うと、このエラー原因は

『 chrome=1 』この部分です。

 

そもそもこの一文って何の為か知ってます?

この記述を入れると、

  • IEで閲覧時にGoogle Chrome Frameで表示
  • Google Chrome Frameがインストールされていない場合は、IEの最新レンダリングモードで表示
  • すべてのページを互換表示設定する設定をユーザーがしていても、互換表示にならず最新のレンダリングモードで表示

参考)今更だけど、X-UA-Compatibleとレンダリングモードについてのまとめ

参考)【Web制作】まだ<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=edge,chrome=1″>って書いていませんか?

もっと詳しく知りたい方は上記サイト様が参考になります。
…お役不足ですみません。

なんでエラーが出るの?

それは…Google Chrome Frameが終了しているから。

だから、『 chrome=1 』の部分を削除すると、エラーはなくなります。

こうですね。

 - html, WEB

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事